yasai

髪にハリやコシが感じられなくなった時、意識して摂りたい食べ物まとめ

髪の毛にハリやコシを持たせるには、食べ物を意識することが大切です。髪にコシをもたせるには、かみの毛自体を強くする必要があります。かみの毛を強くするには、たんぱく質を取ることが大切です。その際に、その摂取したたんぱく質をうまくかみの毛に変える際の手助けをする、ビタミンBも一緒に取ることがポイントです。

たんぱく質の中でも、より効果的なのは、亜鉛を含んだ食品です。亜鉛を含んだ食品としては、例えば、煮干し、レバー、大豆、うなぎといったものが挙げられます。この中で、自分が食べやすいと思うものを選んで、頻繁に食べるとよいでしょう。もしくは、今日は、煮干し、別の日はレバー、また別の日は大豆食品といったように、飽きないためにローテーションしながら食べるというのも、続けることが出来る良い方法です。

そして、この亜鉛を含むたんぱく質を取ると同時に、ビタミンB群の食品を一緒に取ることが大切です。ビタミンBには、ビタミンB1、ビタミンB2等々、沢山の種類があるので、こちらも少しずついろいろな食品を組み合わせていくのがいいでしょう。こうすることで、かみの毛を強くするために必要な栄養素を摂取できるとともに、その栄養素の摂取も体内で速やかに行われるようになります。

そして、次に紙にハリを持たせ、きれいでつややかにするために、「黒色の」食べ物を摂取することもおすすめです。それは、黒豆、黒ゴマ、海苔といった、「黒色」食品です。これは、特に黒髪を基調とする日本人には、かみの毛にとって必要な成分です。これらの食品を日常的に摂取していれば、黒髪の基本となる栄養素を吸収しやすくなり、栄養の十分行き届いたかみの毛が生産されやすくなります。逆に、この栄養素が足りていないと、かみの毛に十分栄養がいきわたらず、つやのないかみの毛になってしまいます。このように、できるだけ、かみの毛を強くし、かつ、つやが出るように、かみの毛にやさしい食生活を心がけることが大切です。

そういった根本的な対応をしたうえで、それでも頭皮の状態に変化を感じられなしようでしたら病院へ行かれることをおすすめします。なお東京で薄毛の病院を探す場合は、院数も多いのでしっかりと比較して選ぶようにしましょう。参考になるサイトがありますので紹介しておきます。→薄毛治療は東京都内の病院(AGAクリニック)がおすすめ